マミブロ

子育て、雑談、フットサルを語るブログ

ネットで買うときためらうもの、安心できるもの。離島に暮らす人の気持ち

f:id:prosperity-mom:20180606095153j:plain

 

 

ども、マミーです。

 

 

ワタシの住んでいる島は、与論島という小さなところなんですね。

鹿児島県の最南端、沖縄のすぐ上にある小さな島。

 

島も小さいし、人口は減る一方。

大きなお店もありません。

 

若い人が服を買うのも、ネットのお世話になるか、旅行に行ったときに買うか。

 

 

今回、ネットでの買い物の難しさを考えてみたんですよ。

 

 

試着不要のものしか安心できない

ネットでの買い物で一番失敗するのが靴や服のサイズ問題。

商品によっては、同じサイズでもなんか小さかった・大きかったということがおきる。

お店で手にとって買い物するときは、自分でサイズ感を確かめられるけど、ネットだとそうもいかない。

 

服の着用感なんて、スラッとしたモデルさんが着てるのみても、参考にならない。

(ワタシの場合は特にな。部分的に入る入らないがめんどくさいわがままボディだからな)

 

 

あと、靴な。

実際のサイズよりいつも好んで買うのが1センチ大きめに買ってるんだけど。

これがスニーカーとパンプスだと変わるんだよね。

パンプス系はネットでは買わないことにいている。

失敗しかしたことない。

 

 

服で難しいのが、ボトムスだよな。

太股・お尻が太ってるから、ウエストでサイズを選ぶとほぼ入らない。

ほんと、わがままボディで困るぜ。

 

 

てことでな、必要になってネットで水着セット買ったんだけども。

なんと、きつかったんだよ!

普通にサイズ選んだら、なんかパツパツしてるんだよ!

安かったし、ショックは少な目ですんだけどな。

もう少しからだ絞ってからこの水着着るね。

 

 

 

ネットで安心して買えるもの

本だな。

あとは仕事に必要な物。

それと、絶対失敗しないデザイン(サイズとか)の服。

小物類とかもネットで買いやすいかな。

 

あとは、ネットでよく買うものと言えば基礎化粧品。

トライアルセット注文して、よければ買い直して。

ファンデーションとかメイクパレットも買ったなー。

筆セットとか。

 

自分の肌の色味がわかってれば比較的買いやすい。

 

あとはカラコンな。

フットサルするようになって、コンタクトが必要になったんだよね。

スーパードライアイだからコンタクトは苦手なんだけど、フットサルのときはしょうがない。

せっかく使うならカラコンがいいな、と思って使ってみたら、良かったんだよね。

ドライアイさんにオススメは、低含水率のコンタクトレンズだよ。

含水率30なんとか%とかのものがいいみたい。

目の潤いを奪うことが少ないから、乾きを感じにくいんだって。

 

 

 

離島に暮らす人の光

離島に暮らす人たちにとって、ネット通販はとてもありがたいものだと思うのよ。

本当にさ、若い子たちは服よね。

中学3年生の次男も、すっかりおしゃれに目覚めてるからね。

 

本人だけで選ばせるとダサメンになるもんだから、ネット注文するときは必ずチェックするよ。

体型と雰囲気・キャラで似合う似合わないが変わってくるし、みんながみんな同じように着てもかっこよさが違うからね。

 

じーちゃんばーちゃんたちは、スーパーで売ってる服でも問題なさそう。

おじさんおばさんたちもけっこースーパーで買ってるな。

 

服だけじゃなくて。

島あるあるなのか?

雑誌とかが限られてる。

ファッション雑誌もメイク雑誌とかにしても、ほんの一部しか並ばない。

需要が少ないからなのだろうか。

 

普段から雑誌を買うことはないんだけど、時々欲しくなるんだよね。

しょうがないから、「あるものの中から選ぶ」という形になってしまうのだけど。

沖縄生活が懐かしいなぁ。

TSUTAYAで本選び放題だったなぁ。

おもしろいテレビがない日はDVDもよく借りてたなぁ。

 

もっと、ネット通販とかレンタルが離島にも対応してくれるとありがたいなぁ。

そしたらまた宅配業者さんが苦労するのか。

島の黒い猫さんたちは、夜も遅くまで頑張っていてかわいそうになるよ。

朝も早いし。

お給料、ちゃんと貰えてる?て心配になるわ。

 

 

 

 ネットでの決済について

ネットで買い物するとき、手続きすすめていって最後の最後で「カード決済のみ」ってでるときがあるんだよ。

カードもってない人は買えないではないか。

一応あるけど、あまり使わない。

軽い借金と同じだからな。

便利ではあるんだけどね。

 

代金引換は手数料かかるから考えちゃうし、後払いの払い込み用紙が使えるときが一番嬉しい。

 

島の若い世代だとクレジットカード作ってる人も多いだろうけど、ちょっとおじーちゃんおばーちゃんとかになると、持ってない方が多いと思うんだよね。

現金生活が当たり前に生きてきてるし。

ワタシも現金生活が一番いい。

手元で見てお金がわかるから。

ダサい、古い、とか時代に取り残されてるとか全然思わない。

むしろそんなにそこに利便性追求する必要はないんじゃないかとすら思うくらい。

選択肢のひとつ、ととらえてればいいんじゃないのか。

 

 

 

ネットでの買い物、離島送料高すぎ問題

ただでさえ、離島になると輸送費がかかるからって、生鮮食品とかも高いのにさ。

普通に生きていくだけで物価高いし、賃金安いで頑張ってるんだからさ。

個別でネット利用したときの送料は一律にしとくれよ。

下手すると、買い物した品よりも送料が高いときあるからな。

マジ、びびるぞ。

「いくら以上で送料無料!」とか、その条件が高いんだよ。

そんなにいらないんだよ、これだけがほしいんだよ、て思うのにな。

送料我慢するか、無理して必要そうなもの選んで買って送料無料にするか。

 

カラコンのファルコンでコンタクト注文したとき、

「送料が高くなるので配送方法を変更しませんか?」

てわざわざメールがきたぞ。

その一件で、コンタクトはファルコンでしか買わない!!って思ったよ。

チョロいな、ワタシw

 

Amazonは、無駄に箱がでかいんだよな。

ゴミも減らしてくれ。

 

 

さいごに

ネットでの買い物って、必要に迫られてすることはもちろん多い。

だけど、ネットでする買い物ってワクワク感も買ってると思うんだよね。

ショップによっては、いろんなサンプル品も入れてくれてたり、サンキューレターが入ってたり。

 

実際買ったものを手にしたときの喜びを感じたり。

時間をかけて手元にくるから、楽しみにしてるんだよね。

 

ネットさえ使えれば、離島暮らしもなかなかいいもんだよ。

ネットのお買い物がもっと楽しいものになるといいね。