マミブロ

南の島、与論島からアラフォー主婦が楽しく発信するブログ

ハンドメイドが好き!UVレジンを趣味のひとつに加えたら楽しくなった!!

 

 

こんばんは、マミーです。

 

本業は、ネイルとアイラッシュのお仕事をしております。

 

ときどき、オーダーを受けてミシン作業したり、はたまたアクセサリーを作って販売もしております。

 

ずっと興味はあって、いいないいなー!と思ってたのがUVレジン♪

 

そんな私が、ついにレジンに手を出しちゃいましたw

 

 

 

 

 

UVレジンってめっちゃ楽しい、ヤバイ!!

UVレジンって知ってますか?

紫外線をあてると固まる特殊な液体なんですけどね。

これがとってもすばらしい!!

 

私は、もともとネイルの仕事をしているので、LEDライトのほかにUVランプも持っているので、レジン液さえ買えばトライできたんですね~。

 

ジェルネイルのように、紫外線を当てない限り固まらないので、自分のペースで作業ができるというのもとっても嬉しい♪

 

ちょっと待って!ジェルネイルってなに?

って方のために。

これまでのネイルといえば、マニキュア(ポリッシュ)が主流で、その後アクリルパウダー・リキッドを使用したアクリルスカルプ(長さをだしたり、人工的に爪を形成していく技術)が流行りました。

 

そして、その後ジェルネイルというとても便利な技術が出てきたんですね。

ジェルネイルにも、ハードジェルとソフトジェルがあって、先にでたのはハードジェルになります。

 

 

それぞれのいいとこちょっといやなとこ

 

マニキュアは、除光液というネイルリムーバーで簡単に落とせるのがいいところですが、はげたりするのが早くきれいな状態を維持するのが難しい。

 

アクリルスカルプは、アクリルリキッドのにおいがきつく気分が悪くなったり、技術的にとても大変なので腕が問われます。

特殊ライトなど不要ですが、乾いて固まってくるのでスピーディーな技術が必要。

落とすのは、ソフトジェルネイルと同様なのであとで説明しますね。

 

ハードジェルは、とても艶があってアクリルスカルプのように多少の長さを出すことができます。

UVライトが必要。

落とすときは、ひたすらジェルの部分を削っていかなければいけない、時間と体力を要するところがちょっと欠点かな。

 

ソフトジェルは、UVライトやLEDライトが必要になる。

ハードジェルより液体がゆるいので操作しやすい。

落とすときは、ジェル表面を削りアセトンでコットンパックし簡単に落とせる。(アクリルも)

 

 

 

UVレジンとジェルネイルはよく似てる

ジェルネイルを自分でしている人は、だいたいなんの苦労もなくUVレジンも扱えると思います。

UVレジンで、ピアスを作ったり、リングやペンダントヘッドを作ったり。

キーホルダーを作る人もいますね。

 

今は、ジェルネイル同様に、UVレジンもスターターキットという、すぐに始められる道具が全てそろった状態の物が売られています。

ひとつひとつ揃えなくていいので、らくちんでありがたい*^^*

 

 

今は、100円ショップでもパーツや少量のレジン液も買えるので、ちょっと試してみたいって人には嬉しい時代。

レジン液の中には、わざわざUVライトを用意しなくても太陽の紫外線をあてるだけでいいものもあります。

まぁ、時間はだいぶかかってしまいますが。

さくさくっと作りたい、試してみたいってひと全部そろった良心的価格のキットを買うのも一つの手ですね^^

 

UVレジンをしてみた私の感想

ほんとに楽しい!

ちまちまっと作業するのも、レジンが固まってつやつやに輝くのを見るのも本当に、楽しくって顔がニヤケますよw

今では、中学3年生の息子も私の道具を拝借していくほど。

息子は、レジンを使って魚釣りの時に使うルアーを手作りしていますよ~^^

 

マニキュアを塗って、レジンで固めて、楽しそうに作業している姿はほほえましくてたまりません!

 

 

親子で一緒に楽しむ趣味としても、ぴったりだと思います♪