マミブロ

南の島、与論島からアラフォー主婦が楽しく発信するブログ

中学生の息子との接し方がわからなくなったときの私の対処法はコレだ!!

 

いつでもこんにちは。

マミーです。

 

 

私には、中学3年生と高校1年生の息子がいます。

今日は、中学3年生の息子との接し方などについてちょっと書いてみようと思います。

 

 

 

小学生の頃とは違うね、息子さん

中学3年生の次男、とてもかわいかったんですよ(遠い目)

 

いつでも、「ママァ~」って、甘えてきて。

次男が小学生の頃はアパートに住んでいたので、帰って来てドアをピンポン♪鳴らして、開けてあげるといつもただいまのハグ*^^*

 

ぷにぷにっとしたほっぺがとってもかわいくて、ほんとに見てるだけで癒されておりました(ものすごく遠い目)

 

現在?

「ねぇー」と、一応甘え…?てはきますが、なにかねだるときとかお願い事の時が多くて、残念です(泣)

 

そんなに、ママはうざいのですか?

次男よ、ママのこといつから「かわいいね」「ママ大好き」と言わなくなったんだい?

ママは非常に寂しいぞ。

そして、今ではかわりに口をついてでてくるのは「うざっ」だよね。。。

 

もぅ!そんなにうざいうざい言うなら、なんも買ってあげないヨーダ!!

て、言うと機嫌取りしてくるんですよね~w

 

焦りやがれw

 

 

目には目を!

さんざん、おねだりして甘えんぼしといて、あとはそっけないとか。

ツンデレか!!

ちきしょう!そんなやつには、こっちだって作戦があるんだからな!

 

オマエがツンデレでくるならば、ママも同じくツンデレで返してやろうぞ!!

 

アラフォーのツンデレなんて、見るに耐えれないはずだからなw

覚悟しやがれ!!

 

 

頼りになるときもあるよね、キミ

うちの次男、ツンデレだし、ウザいとか平気で言ってくるし。

でもね、ママがトイレでギャーーーー!!!って悲鳴をあげたときに真っ先に駆けつけたのはキミだったね。

ありがとう。

 

トイレでなにがあったかというと。。

与論島あるある。

ムカデが家ん中歩きます事件。

そう、トイレのドアを開けたら、腕になにか無機質なものが当たったんです。

ナニカわからないけど、怖くなって叫んだんです。

 

そしたら、なかなかデカいムカデさんでした。

 

旦那さんよぉ、お前さんは布団の中から「どしたー?」って声だけかけて済ませやがったよな。

覚えておけよw

 

 

結局、私の息子への対処法はコレよ

中学生、きっと母親とは少し距離が置きたいのよね。

それなら、得意の放置プレイしまーす♪

 

距離を保って、干渉せず必要最低限の関わりで。

 

子供もある程度その時期を過ごしたらまた普通にコンタクトとれるときがくるはずだもの~

 

すり寄ればすり寄るだけ、距離が遠くなるなら、ストップすればいいものね。

 

すると、ときどき甘えてくるんだわw

ママの手のひらで踊らされてるとも知らずになw

 

 

息子にかまって欲しくば、距離を置け!!

 

思春期には仕方ないことなのだ。あきらめろ。

過保護になると、子供はつぶれ、最終的に子供に嫌われるぞ。

 

 

私の心の中

子供といつも仲良くいたいのは誰だって同じ。

だけど、子供の気持ちになって少し距離をとることも大事。

 

私のコミュニケーションは、共通の趣味や話題を作ること。

 

例えば、一緒に習ってるダンス。

家族で参加しているフットサル。

子供の部活の話。

子供に勧められた動画配信アプリの話題。

ダンスに使えそうな音楽の話。

 

ざっと軽く考えただけでもこれだけある。

 

無理して関係を子供が小さかった頃のような接し方を続けようとせず、成長にあわせた関係を築けるように考える。

 

 

話題があうことが多いので、比較的良好w

 

お互いにツンデレなとこもなw