マミブロ

南の島、与論島からアラフォー主婦が楽しく発信するブログ

収穫がなくても気分爽快なのは、非日常を味わえたから

どうも、マミーです。

 

 

今朝、洗濯機をまわそうと思ったら、洗濯物が少なかったので「夜にしよーっと」と思って放置しました。

 

晩ご飯食べて、お酒飲んで。

さぁ、寝るか!と思った矢先に思い出して、ただいま洗濯機稼働中w

 

ちょっとのんびりしすぎたようですww

 

 

目次

 

 

今日は浜下り!!

f:id:prosperity-mom:20180423151659j:plain

 

今日は旧暦3月3日。

初節句を迎える子供たちの無病息災を祈ったり、海の安全を願ったりする奄美群島・沖縄方面の行事ですね。

 

 

島でも、この日はそういった行事をするのですが。

この日は、海開きと言うことで、潮の引く時間帯にあわせて潮干狩りにでかけます。

我が家も、出かけました!!

 

長男は、今年から奄美に行ってるので不在。

次男は、中3ともなるとやはり友だちと出かけますよね。

 

ということで、今年は初めて夫婦二人で潮干狩りに出かけてきました!!

 

 

収穫

ゼロ!

はい、ゼロです。

島民のたくさんのひとが、同じ海に来ていました。

でも、みなさん同じように手ぶらw

今年は不作なようですな。

 

うちの夫婦の狙いはもちろん、サザエ!!

今年は一個も見かけませんでした。

ちっちゃい、出汁用の貝しかなくて、しかもめっちゃ少ない。

それじゃ持ち帰ったところで、、、、ということでリリース。

今年の持ち帰り収穫はゼロでした~。

 

 

 

収穫ゼロでも晴れやかな理由

海の中を歩いていると、とても疲れます。

ごつごつ、不安定な岩の上を歩くし、潮の流れは案外早いし。

 

足を取られないように、踏ん張りながら歩きます。

 

どんなに疲れた上に収穫がなくても、楽しかったです。

海の中を歩きながら、パパさんと

「なんもないけど、楽しいね!いいリフレッシュになるね~!」

と話していました。

 

周りのひとの顔も、みんな貝を探して下を向いてるけど、楽しそうでした。

 

例え、なんにもとれなくてもみんな、毎年この日のこの行事を楽しみにしてるから、イイ顔してるんだな~、と思いました^^

 

 

島をあげての、半ドンの日。

学校も半ドン、お店もほとんどが半ドン、職場もほとんどが半ドン。

 

普段では決してあり得ない、非日常。

これが、楽しみでしょうがないw

 

 

今日は、ラジオ曰く[大潮]らしいので、あまり潮が引かなかったようですね。

これから、夏になるまでは潮が引く日もちょいちょいあるのでまた潮干狩りしにいけるといいなーと、たくらんでいるマミーです*^^*

 

サザエの壺焼きが食べたい!!

 

 

 

与論島民の日常

与論島民は、海んちゅでないかぎりさほど海にでかけません。

 

与論は海がきれい→島のひとは海が好き→しょっちゅー海に行ってるでしょ

 

これは、たびんちゅの島んちゅへの幻想にすぎません。

ほんとうに、ほとんどの人が海に行くのは、浜下りの日って位なもんです。

特に、大人になったらそれが顕著になります。

 

 

与論は海より畑。

農家のほうが多いですよ。

農業だけでも厳しいし、漁師やってるだけでも厳しいので、だいたいがほかにも仕事を抱える兼業ですけど。

 

与論島の大人の日常は、噂話という井戸端会議に、パチンコ・スロット、魚釣り、庭の草むしり(畑は草ボーボー率高い)。

 

海に行くことがあっても、桟橋での釣り。

きれいな海があってもそんなもんです。

 

私も、「SUPしてみたーい!!」って言いつつ、動きませんw

そんなもんです。

 

 

だから、たまの非日常がとてつもなく幸せを感じさせてくれるんだと、私は勝手に理解しておりますよw