マミブロ

南の島、与論島からアラフォー主婦が楽しく発信するブログ

台風の季節がやってくる。与論島の弊害

 

f:id:prosperity-mom:20180423151659j:plain

ども、マミーです。

 

 

昨日ですね、スーパーに行ったんですよ。

そしたらね、おばちゃんたちが入り口でおしゃべりしていたんですよね。

 

「いやー、台風だってよぉ!」

 

て。

(え?こんな無風なのに?)

て思うわけですよ。

 

昼休憩に帰ってきたパパさんに言ったらね、

「そーいえば船が江ガ島に来てたわ」←臨時港

 

て。

ほんでね、心配するは船状況。

 

土曜日、パパさん用事で沖縄行くんです。

月曜日に帰ってきて、今度は次男のサッカー大会の為に火曜日から徳之島行くんですよ。

 

船、出る?

抜港しない?

 

 

島に住んでると、旅行事情も影響受けるので大変ですよね。

これは沖縄にいたときもでしたよ。

沖縄から与論に帰ってくる時も、海が荒れて与論の港に着岸できず次の島まで連れて行かれたり。。。

こーなると、次の島での宿泊費とかも自腹だし、手配も自分でしないといけなくて大ダメージですよ。

 

 

船が来ないとなると、食料も来ないんですよ。

だからね、台風が島に向かってるって知ると一斉にスーパーから食料が消えるw

牛乳とか、ソッコー。

普段、みんなそんなに牛乳飲んでる?て不思議なんだけどね。

 

台風が来ると停電もほぼ起きるからね。

発電器とか持ってる家庭も多いんじゃないかな。

実家もガソリンで発電するやつあったなぁ。

携帯充電したり、なんかちょっとしたやつはコンセントさしてた記憶。

 

島は、オール電化住宅は少ないのよ。

台風来て停電したらキッチンも使えない。

ガスコンロなら、停電でもご飯作れるから便利だよね。

台風前には、ラーメンを買い込むのオススメだな。

 

あ、パンも台風前にはあっとゆーまに売り切れるよ。

 

 

台風、[当たり年]てときはほんと勘弁してほしいね。

まだ沖縄に住んでいた数年前。

与論にとんでもなく強烈な台風が直撃たのよね。

 

島のあちこちの家屋は潰れ、家が吹き飛ばされ、道路はふさがり。

あちこちで、全壊・半壊の家が続出。

建て直しを余儀なくされ、予定外の出費に苦しむ。

島の工務店から建築資材は消える。

大工の不足。

 

 

畑の作物も大きな被害を受ける。

実家は、サトウキビを作ってるけど、これが大変。

サトウキビが台風の風に倒され、道路に飛び出す。

そしてこれを整理して回る。

台風は、海の潮を巻き上げながらやってくるから、塩害もひどい。

 

野菜を作ってる農家は大変な苦労を強いられるね。

 

 

こんなにも大きな被害を受けても、テレビで報道されることは少ない。

テレビは、東京など大都市が「日本」だと考えてる節がある。

こんなちっぽけな島がどんな被害を受けていても関係がないようだ。

海外の支援ばかり報道されていたことにも疑問を感じたなぁ。

なぜ、国内でこんなに被害を受けて大変な思いをしているのに、国内に目を向けてくれないのか?

 

小さな島での出来事な[無かったこと]にされるのが常。

 

ここ数年、与論島の海がきれいだと話題になってテレビでも取り上げられることが増えた。

それはとても嬉しいことだけど、災害時にも同じようにテレビに取り上げてもらいたい。

いいとこだけとらんで、困ってるときに手をさしのべてくれないだろうか。

 

 

与論島は、とても小さな島で。

風が吹けば、潮風なので少々べたつく。

車も錆を気にするようになる。

年輩者は言う。

「与論ではすぐ錆びるから新車は買えんなぁ」

と。

経済的問題もあるだろうが、錆問題もやっぱあるよね。

それでも、やっぱり新車がほしいなぁ。

 

 

与論島と言えば、百合が浜。

この百合が浜って、台風が来ないと消えちゃうんだよね。

台風で、海の中の砂とか動いて、それが百合が浜のポイントに来るんだよ。

台風がこなかったら、きれいな百合が浜は拝めない。

海の中もかき混ぜないと、窒息だしね。

 

 

夏は、海に行きたい!と思って与論に来るみなさん。

夏は、台風も発生するので、気象情報はチェックしてね。

せっかくなら、楽しんでほしいんで。

いつもだいたい8月半ばのさんご祭りあたりに台風の心配があるなぁ。

 

 

とりあえず。

今週末・来週は台風の影響受けませんように!!

 

と、願う。