マミブロ

南の島、与論島からアラフォー主婦が楽しく発信するブログ

ひとを応援できる人になりたい

先日、「お仕事」のお客様へ向けたお知らせをだしたんです。

 

12月で、営業終了のお知らせを。

 

今はとても便利で、簡単にSNSのツールを使って発信ができるんですよね。

ありがたいものです。

f:id:prosperity-mom:20181114085749j:plain

それで、お知らせを出した為にちょっと、暗い気持ちになっているんですよw

 

 

 

 

12月で営業終了となります。の理由6つ

現在の自宅サロンを閉めることにしました。

理由は、

  • 目がきつくてたまらない(目の集中はんぱない)
  • 首、肩、背中の張りがひどすぎてきつい
  • 日によってものすごく頭が痛くなる

という体の不調3つと、

 

  • ほかにやりたい仕事ができたから
  • もっと自分に有効に時間を使いたい
  • 自分を(家族)を大事にしたい

という、目的3つ。

 

 

さすがに、体調的なことだとわかってくれるだろうと思ったんです。。。

 

f:id:prosperity-mom:20180910115545j:plain

 

 

意を決して発信するも、伝わらない苦しみ

お知らせをだすと、反応がありました。

 

  • 残念です
  • お疲れさまでした
  • ありがとうございました

と、理解してもらえたと受け取れる反応と、

 

  • どうにかして、やって!

という、理解してもらえなかった反応。

 

 

私は、自分の体と自分自身と家族をぼろぼろにしてまで、続けていけないのです。

 

そこを、わかっていただけたらよかったのですが。。。

 

 

 

自分の希望と、ひとの事情

これは、誰もがなにかしら経験してないですか?

 

たとえば、

「できれば、日曜日の朝10時からヘアカットしてカラーしたい」

 

という希望(要望)を美容室に言う。

 

でも、その日は予約が埋まっていて、お断りされる

 

 

自分は、その日がよかったのに!

ていう経験。。。

 

 

自分の希望を飲んでもらえなかったら、どういう行動にでますか?

 

  1. なにが何でも、どうにかしてもらえるまで食い下がる
  2. 事情を理解して、ほかの手段を考える

 

私個人的には2番なんですけど。

 

「無理なら、しょうがないや。予約とるのが遅かったのが悪いし。」

と、なるわけです。

 

 

1番のような行動をとると、「今後一切とりたくない客」となりかねない。

それは怖い。

 

 

ひとの事情、都合も考えて行動できるような大人でありたい。

 

 

 

ひとが決心したとき、応援できますか?足をひっぱりたいですか?

ものすごく、究極的に極端な質問ですよねw

 

 

 

あなたは、ひとがなにかをがんばろうって、思ったとき、

 

え~。そんなの無理だよ!

 

だって、前例ないじゃんw

 

うまくいくわけないって!

 

失敗したら大変だよ~?

 

助言してあげるタイプの人間ですか?

 

 

 

それとも、

 

いいじゃん!頑張れ!!

 

やってみないとわかんないしね^^

 

決心したんだ、すごいね!!

 

て、背中を押せる人間ですか?

 

 

私は、なんの根拠もないけど、本人が考えてだした決断ならやってもいいと思ってるんですよね。

 

 

 

最初から失敗するかどうかもわからないし。

もちろん、成功も。

 

やってみないとなんにもわからない。

 

やってみて失敗しても、改善点を見つけて、成功に結びつけることもできるかもしれない。

 

 

無責任に聞こえるかもしれないけど、

 

本人が決めたことに対しては、ぜひ背中を押してあげよう!

 

 

 

私の中でも、「12月で営業終了」という決断が下されたんです。

決心して、それを伝えるまでにものすごく悩みました。

 

なので、その分わかってもらいたかった。

 

 

必要とされている、と解釈すればうれしいですけど、それも今は違うんです。

 

わがままな生き方ですねw

 

 

ひとが私の人生を歩むのではないので、私が私の人生を歩むので、ゆるぎません。

 

 

この気持ち、届け~。

f:id:prosperity-mom:20181128125743j:plain