マミブロ

南の島、与論島からアラフォー主婦が楽しく発信するブログ

退職の目途を立てた日

f:id:prosperity-mom:20181231110936j:plain

今日は、とても心が軽くなった。

 

体調不良が続き、このままずるずると働き続けるのかと悶々としていた。

 

先日書いたこちら↓

www.mamiblo.com

 

年内で辞めると、伝えたのです。

はっきりと、何月に辞めるとは伝えていない。

 

 

腰がひどく痛い日々が続き、骨盤がきしむ。

仕事が終わると、発熱している。

 

 

今朝、出勤してからしばらくたって、旦那にラインを送った。

 

 

「次、〇〇さんの出勤の日に、10月いっぱいで辞めるって伝えるね」

と。

 

 

そしたら、

『はーい!俺も、目途つけるわ!』

と、快い返事が返ってきた。

 

『ずるずる続けてたら、どんどん腰壊れるし、あてにされて大変だよ』

と、心配の言葉もついていた。

 

 

 

うちの旦那、優しいでしょ^^

 

優しいってところが、自慢です。

短気だけど

 

 

年内、12月いっぱいまでは頑張ろうと思っていたけど。

体が無理です。

 

自分の体を犠牲にして頑張ってるひともいるけど、私は自分と家族のために働くので、そういう犠牲にはなりたくない。

 

いろんな考え方のひとがいて、当然だと思う。

 

薄給で、自分の体をボロボロにして、美談とでも思ってるのかわからないけど。

 

 

最初、求人には20万ほどの給料で書かれていたんですよ。

もちろん、それは資格手当やら夜勤手当などついて。

 

私は、夜勤は入っていないので、その分を引いても資格はあるからだいたいどれくらいはあるかもなぁ、て思ってたんだよね。

 

ところがどっこい。

いろいろ引かれまくって、手取りは10諭吉でした。

 

(あんなに大変して、こんだけかぁ。。。)

 

 

これって、詐欺と同じじゃないですか?

 

 

 

まったく、おむつ介助に入ろうとしない職員がいて。

これが私的にものすごくストレスになってます。

 

便が出たことにさえ気づいていない人たちに、

「しっこはでましたか?」

て聞いて、出てないという言葉を信じるあの人。

 

いやいや、次に交換しに行ったら、あふれんばかりに出てましたよ?ということがザラ。

 

一日中、洗濯しかしない職員。

洗濯はほかのひとがやるから、自分の持ち回りしっかりしてほしい。

 

でもね、このストレスも10月までの辛抱なんです。

 

 

旦那によく愚痴るんですけど。

 

今日も、

『どーせあとちょっとなんだし、ほっとけ!気にるするな!』

 

て言われて、

(そうだよね、確かに。)

て、軽かった。

 

ぼんやりと、【年内】て決めてたことを、はっきり何月って決めただけで、こんなにも心が軽くなるんだって、驚きを隠せない。

 

 

(どうせ10月までだし)

って、思いながら頑張れる。

 

 

10月末日に退職し、その後はどうするかわからないけど。

ほそぼそと何かでお小遣いを得ながら、体調を戻して、次やりたくて計画してることにチャレンジしていこうと思ってます。

 

 

私のできること。

元・ネイリスト、アイリストを活かしたサービス。

でも、これは体調悪化になりそうなので、避けたい。

 

クラウドソーシングでのお小遣い稼ぎ。

これは案件次第ってところ。

 

あとは、、、

なんだろう。

なんにも才能がない。

 

 

 

なんにも才能がないけど、なぜだか私のこれからは明るい気がする。