マミブロ

南の島、与論島からアラフォー主婦が楽しく発信するブログ

与論島特融の名前【ヤーナー】

先日、ナニコレ珍百景で、与論島が出たんだよね。

 

その時間帯、いつも別番組観てるからとりあえず、録画。

 

まだ珍百景みてはいないんだけど。

 

 

バイト先でも、話題になった【ヤーナー】。

 

 

家によって、先祖代々受け継がれる名前なんだけどさ。

集落によって、ヤーナーもいろいろあるみたいだね。

 

初めて知ったよ。

 

聞いたことがあるヤーナーは、

  • マグ
  • マチ
  • ナビ
  • ウシ
  • ウンダ
  • マニュ

 

くらいかなぁ。。。。

もっと聞いたことあるかなぁ。。。

 

わからないけど。

 

 

ちなみに、私のヤーナーは【マグ】。

 

 

恥ずかしながら、親・兄弟のヤーナーを知らない。。。

 

昨日、バイト先でそんな話題になって、

(親のヤーナー知らないなぁ。。。)

て、思って。

 

 

 

 

昔は、本名よりもヤーナーの方が使われてることが多かったみたいで。

むかーーーーし、ばーちゃんに手紙が届いたんだけど。

「〇〇(苗字)ナビ 様」

とか、

「〇〇(苗字)ナツ 様」

 

て、宛名書かれてたなぁ。

なんで、二つあるのか知らんけど。

 

 

ひとつはヤーナーで、ひとつはあだ名みたいなものだったのかな。。。?

 

 

 

ヤーナーは知ってるけど、本名知らない、ていう人がいる。

「〇〇(ヤーナー)ヤカ(男性の年上につける敬称)」って呼ぶけど、ところで名前何?っていうね。

 

 

実家は、方言で会話する家庭じゃなかったし。

ヤーナーで呼び合うこともなかったし。

 

だから、アラフォーにして親のヤーナーも知らないし、方言もしゃべれない。

 

 

他県から嫁いできたお嫁さんたちの方が、よっぽど方言マスターしてたりするんだよね。

 

 

うっかりすると、間違った使い方をして失礼なことを言っていたり、下ネタを話すこともあるんだよ。

方言こわい。

 

 

私のヤーナーはマグだけど、マグって呼ばれたことはない。

いつも名前。

 

 

先祖代々で順繰り回ってくる名前、【ヤーナー】。

もはや、私にヤーナーをくれた本人が誰なのかすらわからない。

 

 

「ヤーナーがマグのひとってかわいい人多いよね」

て、一度言われたことあるけど、正直謝罪したいです。

 

少数派でごめんなさい。

 

 

ちなみにちなみに、私が通ってる美容室の名前も、【マグ(MAG)】です^^

 

 

 

与論生まれ、与論育ちなのに、与論の風習などわからないことが多すぎてちょっと申し訳ない気持ち。

 

 

これから覚えるなら、方言より英語を覚えたいです。

だからといって、がむしゃらに覚えていきたいということでもないです。

 

 

日本語がちゃんと喋れるようになったら、満足です。

 

日本人として、まずは頑張ります。

 

 

 

ヤーナーに興味を持ったタビンチュ(島外のひと、旅の人)さん。

たまに、どっかのじーちゃんばーちゃんが仲良くなったらつけてくれたりするみたいですよ。

 

島に来て、酒を交わし、仲良くなってぜひ名付けてもらってみてください。

そして、名前の意味・由来も聞くことをお勧めします。(卑猥な名前だったら恥ずかしいじゃん)

 

 

 

私の、最近の方言にまつわる話でヒットしたこと。

「おかわりタバーリ(ください)」

「あんまおいしくないけど」

 

 

ていう、ちびっ子の発言です。

 

あんまりおいしくないご飯だけど、空腹満たすためにしょうがないからおかわり食べよう、っていうのが、おもしろいなぁって。