マミブロ

南の島、与論島からアラフォー主婦が楽しく発信するブログ

新型コロナウイルスの件で働き方を考えてみた

新型コロナウイルスが日本でも発症者が出てきています。

 

こうなると、人の多いところにはなるべく行かないように、など対策案を出されます。

 

 

でも、考えてみて。

働かないと、生きていけないのです。

 

 

例えば、ユーチューバーはフリーランスで自宅にて仕事が完結する人たちには影響がないとしても、どこか企業に勤めてるひとはなにかしら心配もつきものだと思うんですよね。

 

 

リモートワークやテレワーク、在宅ワークは似たよな意味合い。

 

会社に属してるかいないか、の違いでちょっと言い方が変わるくらいですよね?(よく知らんですけど)

 

 

 

パソコンを扱う仕事の人は、この働き方ができるとおもうんです。

 

でも、こんなときの働き方を考えてみて思ったんですよね。

 

 

 

どうしても、職場に出向かないといけない職種のひとたちもいるんだってこと。

 

 

それは、医療・介護従事者はもちろん。

サービス業の方々。

 

将来、弁当屋さんとかなんか家族でできたらいいな、とか思うんですけど。

 

 

これも、お客さんありきの仕事なので、難しいなぁって。

 

 

 

感染予防で、自宅にて仕事をしましょう、というわけにいかない。

サービス業は、人が開いてですからね。

 

 

 

働き方を考えると、自分の身を守れる職種ってのと、どうやっても厳しい職種があるなぁって。

 

 

 

介護・医療従事者なんて、他人を救うために自身を犠牲にしたり、家族を犠牲にすることになる。

 

こんな、世のため人のなめの仕事で、自分や家族が犠牲になるなんて。

なんとも、腑に落ちない。

 

 

 

私的に、あまり人と関わりたくないので、できれば家にこもって完結する仕事がしたい。

 

もしくは、家族でなにかしらの仕事をして、人と関わることはすべて誰か家族に対応してもらいたい。

 

 

 

 

働き方を考えていくうちに、いろいろと葛藤がでてくるね。

 

 

 

今のパパの仕事は、サービス業になるのでね。

インフルエンザが流行ってるってなると、気を付けるように言うし。

 

 

家にまで持ち帰ってくるんじゃねーぞ。て思うわけですよね。

 

 

 

子供に移ったら、お前許さんぞ、的な。

 

 

 

というわけで、新型コロナウイルスもどうか島に蔓延しないでくれよ、て気持ち。

 

 

 

こんな小さな島。

年々人口減少してる島。

 

あっというまに広がりそう。

 

お願い、持ち込まないで。

広めないで。

 

 

 

自宅にておとなしく勤務できる仕事を確立したい。

 

 

 

ランサーズ、クラウドワークス。

手数料高いです。

 

そして、怪しい案件多いです。(最近特に感じる)

 

 

 

安心安全、健全な仕事が獲得できますように。