マミブロ

与論島在住主婦の視点で生活のあれこれを言いたい放題します

二度目の読書 桜のような僕の恋人

去年の読書欲が爆発したときに、4冊の本を買った。

 

その中の一番心に残った本を、読み返してみた。

 

 

1度目に読んだときは、短期バイト中だった。

仕事の合間に読み進めていった。

 

そして、帰宅後のちょっと一息の時間にも読んでいた。

 

 

あのときは、多分早く読みたい!という気持ちが強かった。

それでも、心にくるものがあった。

 

 

今回、2度目の読書ということで、ゆっくり咀嚼するように読むことにした。

 

 

【桜のような恋人】っていうんだから、美しい恋人かな?

それとも、美しくさいてはかなげに散る、どこか守ってあげたくなるような恋人なのかな??

 

そんな想像を、初めて読むときに想像した。

 

 

読んだ印象としては、どちらも正解だったかな、と思う。

 

 

 

彼女にひそかに想いを寄せ、ひょんな事件をきっかけに、デートに誘う。

そして、告白をし、付き合うことになる。

 

その中の細かな内容はこれから読む人のために伏せておこう。

 

 

でも、これからもっと楽しくなるだろうという矢先。。。。。。

 

 

二人にとって、、、、

彼女にとって、とても残酷なことが起きた。

 

 

彼女の家族にとっても、それはつらいことだった。

 

 

 

今回、一文一文を丁寧に丁寧に読んだ。

作者に敬意を払うべく、丁寧に大切に。

 

 

今回は、割と早い段階からうるうるきてしまって、もう目も鼻もぐずぐず潤いっぱなしでした。

 

 

 

泣きながら、彼女に自分をうつしてみて考えたりもした。

たまらない。

苦しい。

 

 

大切な人とのかかわりも、すべて大きく変わってくる現状に、どうやって前向きになれというのだろうか。

 

 

 

最近、お気に入りで繰り返して観ている映画がある。

その中で、小説家のお父さんが息子に言った言葉がある。

 

息子「お母さんが、本を読んで泣いていたんだ。どうして、本を読んでまで泣くの?」

お父さん『明日の自分のために、泣くんだよ。明日の自分が、頑張れるように。(だから本を読んでまで泣くんだ)』

 

お父さんのセリフのあとの()内は、私が読み取った気持ちです。

 

 

 

ひとは、毎日が幸せでも、ときどき涙を流すことが大切だと感じた。

そんな一言だった。

 

 

感動して泣くことも、心を大切にしてあげるという、ケアなんじゃないかと。

 

 

 

そうすると、私は今日ものすごいケアをしたな、と思った。

 

 

泣くと、すっきりするんだよね。

 

いや、もちろ泣きすぎた直後は目もしょぼいし、眠くなるし、なんだか残念なんだけど。

それでも、寝て起きて、そしたらその日は心が晴れやかになれるんだよね。

 

 

桜のような僕の恋人

 

 

泣きたい人、最近涙を流したことのない人、ぜひ読んでみてほしい。

 

 

 

パパさんにも、大絶賛してオススメしたんだけど、読書が苦手なひとなのであしらわれてしまいました。

 

まぁ、読むか読まないかは、人それぞれですからね。

 

 

号泣必至なので、箱ティッシュ傍らに置いてお読みください。