マミブロ

与論島在住主婦の視点で生活のあれこれを言いたい放題します

トゥンガモーキャーと私の秋の空、図書編

 

9月21日昨日は、島の子供たちにとって楽しみにしてるであろう、島ならではの行事だった。

トゥンガモーキャーという、お月見泥棒が堂々と許される日だった。

 

例年だと夕方5時頃からワラワラと子供たちが動きだすイメージでしたが、今年は早い。多分4時くらいにはもう街中は子供たちだらけだったんじゃないかしら。

 

我が家は、街中から外れてるので、子供は誰一人として訪れない。

我が家には無縁の行事とも言える。

 

さて。

昨日は、そんな子供たちがちらほら街中を歩き回る中、図書館に行ってきました。

 

今回借りたのは、この3冊。

f:id:prosperity-mom:20210922121236j:plain

 

又吉直樹の火花は、映画になったみたいだけどもちろん観てないので、ストーリーも知らないし、てことで借りてみた。

 

毎度おなじみ、有川浩さん。

今回のは、県庁おもてなし課というタイトル。

実際に、高知県庁におもてなし課というのが存在するそうです。

今、ちょっと読み始めたところ。

 

初めましての、北原一さんは、ふたり、この夜と息をしてを。

この本、もう一人いる好きな作家さんで、喜多川泰さんているんですけど。

その方の本の並びにあってずっと気になってたやつなんですよ。

今回、とうとう借りちゃいました。

 

最近、パソコンワークしすぎて目がもうパソコン見たくないって言ってます。

なので、読書にふけろうかと思っております。

 

 

外はまだまだ暑く、私は外に出ることがほんとに嫌でたまりません。

クーラーのきいた室内で、静かに読書にふける、なんて素敵な時間でしょうか。

 

日中はまだまだ暑いとはいえ、朝晩はだいぶ涼しくなったなぁと思います。

秋ですね。

 

南の島にも、やっと秋の気配が来たというものです。

嬉しい限り。

 

私は、夏より冬が好きです。

秋は冬まですぐそこなので割と好きです。

 

春は夏すぐそこ、て感じであまり喜ばしく思っておりません。

(4月生まれなんですけどね)

 

 

私の秋は、読書の秋。

パパさんはきっと、食欲の秋でしょうな。

 

あー、でも。

秋らしい食べ物が食べたいかも。

 

焼き芋とか。

栗のスイーツとか。

 

 

読書のお供に、ホットコーヒーと秋なスイーツ。

 

 

そんな感じで。

 

 

読んだらまた、感想文書こうっと。