マミブロ

与論島在住主婦の視点で生活のあれこれを言いたい放題します

MRI検査結果とその後

今月初め頃、先月中旬に婦人科受診した際に受けた、MRI検査や採血の結果を聴きに受診しました。

 

 

結果、採血に関しては先に結果も知っていたし、精査もしてその結果も聞いてたのでいいのですが。

 

緊張したのは、MRIです。

画像を見せられると、私の下腹部いっぱいに丸い塊が存在を主張していました。10センチを超える大きな丸い物体でした。

 

「薬で生理を止めて筋腫を小さくする治療もあるけど、高額だしそんなに小さくなることも期待できないから、採ったほうが方がいいよ」

 

と、さらっと言われました。

 

私も、無駄なことはしようと思わないので、

「はい、採ります」

と、素直に返事。

 

 

そして、この日の先生に沖縄の病院への紹介状を出してもらうことになりました。

 

※島では、手術や高度な医療は受けられないので、県外になる沖縄へ紹介状を持参し治療に当たる島民がほとんどです。(同じ県内へ行くのは逆に遠くなるため、なかなかいく方は少ないとか)

 

 

そして、自分で沖縄の病院へ電話にてアポを取ることに。

選んだ病院は、看護師さんに相談して赤十字病院に決めました。

 

理由としては、看護師さんにこれらの治療で島の人が利用の多い病院はどこがあるか、という聞き方をして、場所なども考慮して良さそうだったから。

 

 

そして、子宮筋腫摘出をしてほしい旨を赤十字病院に伝え、赤十字と島の病院のデータやり取りの末、一度受診をすることになりました。

 

一度受診をして、手術日程など決めるということでした。

 

受診は、来月の中旬。

 

ちょうどその頃は、パパも法事にて沖縄帰省中なので、病院送迎してもらえそうです。

 

パパの地元ということもあって、沖縄を選びましたけど、やはりこういうときは助かりますね。

 

 

 

 

そして。

この記事を書いている今日。

仕事を午後からお休みさせてもらいました。

 

 

実は、結構しょっちゅうお腹の痛みがあったり、貧血や頭痛がひどいまま我慢して仕事していたんですが。

 

さすがに、連日無理しすぎだと感じて、思い切ってチェッカーチーフにお願いしたんです。

 

「お腹が張って痛いので午後からお休みさせてください」

と。

 

 

すると、「あ~。。。はいはい」

という、なんとも予定が狂ったような嫌なお顔をされました。

 

が、その後は普通に心配をしてくれていたようです。

 

迷惑かけてごめんなさい。

 

 

 

 

レジでの仕事はもちろん立ち仕事で、お客さんの買い物かごをサッカー台まで運ぶので、腹圧もかかるしほんとにしんどいです。

 

おまけに貧血が重いので、動悸息切れしっぱなし。

心臓に負担かけまくりで、私勤務中に心不全起こして死んでしまうんじゃないかとさえ思う。

 

 

実際、先生にも動悸息切ればかりさせてたら心臓危ないよ、と怒られております。

 

 

仕事を始める日も、実は婦人科受診のあとに希望していたんだけど。

大人の事情で、その10日前から前倒しで働くことになって。

 

よかったのか悪かったのか、わからないですけど、しょうがないです。

 

 

 

一週間~10日後くらいに生理が来る予定なので、さらに今貧血も強いんだと思います。

頭痛も。お腹の張りも。

 

大きな筋腫があると、生理前症候群もより一層辛くてほんとに、いいことはなにもない、という感じですね。

 

 

早く手術を受けに行って、すっきりしたいです。

 

 

 

今日、午後からお休みをもらい、明日は元々入れていたお休みです。

存分に体を休めたいと思います。

 

 

 

鉄剤のみ初めて、今日で二週間目。

だいぶ良くなってる気もします。

ありがたい。