マミブロ

与論島在住主婦の視点で生活のあれこれを言いたい放題します

~入院当日~子宮筋腫・子宮全摘術

子宮筋腫・子宮全摘術を受けた記録です。

 

 

3/9、入院。

 

3/8、翌日に控えた入院のために、島を出て沖縄へと向かった。

この日は、1泊ホテルに泊まった。

 

入院当日、10時にホテルをチェックアウトして病院に向かった。

 

11時に受付をするという予定が組まれていたけど、ホテルチェックアウト事情もあってとりあえず病院に。

 

受付は、早いけど難なくスムーズに対応してもらえたので、助かった。

 

 

島は県外ということもあって、まず入院する前にPCR検査を受けないといけないのである。

結果が出るまで、病棟には上がれず、外来にて待機。

待ち時間が2時間弱。

 

この間、朝昼兼の食事をとる。

と、行ってもサンドイッチとオレンジジュース。

外来フロアに、飲食可能スペースもあって快適に待つことができた。

 

陰性の結果が出て、いざ病棟へ。

 

入院当日は、忙しい。

かわるがわる先生や看護師さんがやってくる。

 

あ。

入院当日、部屋が空いてなくてシャワー・トイレ完備の個室になりました。

ラッキー♬

 

夕方、1時間かけてマグコロールという下剤を飲んだ。

これが、非常にすっぱい濃度の濃いレモネードみたいな感じで。

思い出しただけで、耳がキーンとなって唾液が。。。。

 

これが、一口飲むたびに鳥肌がたったんだわ。

 

マグコロールは、

「お腹痛い!」

とかならず、自然にするっと排出させてくれるタイプの下剤でありがたかった。

 

ほんで、手術受けるにあたり、周辺部位の剃毛の儀が執り行われた。

帝王切開で2回も受けてるので、恥じらいは皆無。

 

その後、シャワー浴し、晩御飯をいただいた。

 

そして。。。

なにより嫌だった、浣腸タイム。

 

これが、入院日の夜と翌朝手術当日早朝にあるんだが。。

 

もうね、ズボンどころか下着も下げたままトイレに走りましたよ。

個室でよかった。。。

ほんとによかった。。。。

 

「せめて1分は我慢してね」

て、かわいいかわいい看護師さんに言われたけど。

1分がとてつもなく長く感じられたよ。。。

 

 

この日は、手術前日ということで。

夜10時以降飲食禁止。

院内コンビニにて、OS-1と術後飲水できるようになった時用に水を買った。

 

OS-1は、翌朝6時までだったかな?は飲んでよかったので、2本買ってきた分飲み終えることができた。

 

 

入院当日は、あっというまに過ぎていった。。

緊張感なんて、微塵もなかった。

 

 

次は、手術当日から動けるようになる術後三日目までの記録を書きます。