マミブロ

与論島在住主婦の視点で生活のあれこれを言いたい放題します

出戻り入院【命に関わる大量出血】

子宮筋腫・子宮全摘術の記録をまだ完成させていないけど…

 

 

3/20、退院。

島にて安静に過ごす日々。

 

3/27頃から何だか少しお腹痛む。

3/28、3/29は痛み止めを飲む。

 

なんか、生理痛のような痛み。

 

 

3/29、23時すぎ。

そろそろ寝ようと、トイレに行く。

 

そこで、事件。

出血している。。

どんどん出て来る。

コアグラと呼ばれる、レバーのでかいバージョンみたいなものも数回出た。

 

出血はおしっこするかのように、出てくる。

 

30分程トイレから離れられない。

 

心配で見に来た息子。ママの出血見て、一大事と悟る。

 

手術を受けた病院に、状況説明して指示を仰ぐ。

 

指示通り、島の病院に電話して受診した。

 

 

緊急入院となる。

このとき、日付は変わり3/30。

 

3/30、何事もなく終わる。

排便時に、腹圧がかかると危ないと言うことで、絶食となる。

 

3/31

午後。

出血が始まる。

まだまだ出ると感じ、ベッド足下に置かれたポータブルトイレに座る。(看護師さんに、出血まだありそうだから座ります、と伝えた)

 

それから、コアグラと呼ばれる塊や出血がどんどん出てくる。

その間、看護師は見に来てくれない。

この間、1時間と少し。

 

いよいよ、自分の命が危ないと思い、ポータブルから遠く離れたナースコールを必死に掴み取り、

 

『出血がすごいんですけど…』

と、力無くコール。

 

 

見に来た看護師さん、顔色変わる。

 

この日、島には島外から婦人科の先生が来ていた。

私の受診は、外来患者さんが終わったあとの予定だった。

 

だがしかし。緊急事態ということで、私から先に受診させてもらうことになった。

 

診察台の上に乗り、先生が診始めると、、、

『ジャー!』ていう音を立ててコアグラと共に大量出血。

 

これには先生も看護師さんも大慌て。

その診察時点で1リットルは出てるだろうということで、先ほどのポータブルでの出血と合わせて命が危なくなった。

 

手術を受けた病院へと搬送が決定。

人生初の自衛隊ヘリに乗せていただき、搬送された。

 

 

3/31、沖縄の病院に到着し、検査を受け、22時から手術が執り行われた。

 

この手術で、私は本気の【死ぬかも】という感情が湧き上がった。

 

最高血圧60、吐き気、暑さ、尋常じゃない発汗。

 

そんな中淡々と手術は行われた。

そう、カテーテルを通しての手術だったので局所麻酔で、意識はあるのでした。

 

無事手術は終わり、ICUへと。

 

4/1、何時ごろかわからないけど午前中に婦人科病棟へ移った。

 

驚くのはここから。

 

なんと、その日のお昼から常食開始である。

30日から絶食していたので、久々の食事。

 

ゆっくりゆっくり食べた。

半分も食べれなかったけど、生きてるって実感できた。

 

 

4/2、朝歩行開始。

歩行確認し、尿管を取る。

血栓防止ストッキングを脱ぐ。

午後、シャワー浴する。

 

あっというまに、人間になれた。

生きてる。

 

 

4/3、朝方から熱。一旦下がるも、午後からまた熱。

16時半に予約していたシャワーは許可がおりなかった。

 

そこから、検査検査で、今に至る。

 

大量出血したのに。

貧血なのに。

たくさん、採血だと血を採られ…

 

 

 

あ。

私。今回輸血を受けました。

 

点滴と違って、輸血ってなんとなく怖かったです。

 

 

では、一旦これにて。