マミブロ

与論島在住主婦の視点で生活のあれこれを言いたい放題します

猫ちゃん、突然の危機

 

11/24(木)、ハクちゃん♂が具合悪くなり始める。

 

11/18に、保護猫マル♀が我が家の新しい家族となり、この頃から千十猫ちゃんたちが次々体調に異変が出始める。

 

マルちゃんはちょっぴり風邪気味なだけで、きれいな子なんだけど。

獣医さんにも見てもらったけど、耳ダニくらいであとは特に問題なし。

 

写真の子、ハクちゃんは、生後5か月のころに発作があったとおもわれ、それ以来体調の良い日悪い日を繰り返していたんだけど。

 

今回はちょっとひどいね、くらいに思ったら。。。。

どんどん体調悪化が目に見え、口を開けて呼吸するようになって、めちゃくちゃ焦りました。

 

26(土)昼頃突然痙攣しはじめ、1回の痙攣時間は30秒~1分。

そこからちょこちょこ痙攣を繰り返す。

先生に診てもらい、痙攣止めなど処置してもらい、予備の薬ももらって帰宅。

 

気が気じゃない。

 

翌日、日曜日はなんとか穏やかに過ごし、その日の夜中から、急変する。

緩めの痙攣をなんどか繰り返し、薬を使う。

 

翌日月曜日、上司に相談しお休みをもらった。

休みくださって、マジで感謝。

この日は痙攣を繰り返し、どんどん強くひどくなり、頻繁におこるようになった。

 

この様子が、もう死が目の前なんじゃないかとさえ思うくらいだった。

 

号泣しまくった。

やっと先生に連絡がついて、診てもらうことができた。

 

麻酔をしてもらい、帰宅。

一度がっつり寝かせて、強制的に痙攣脳をリセットするんだそうだ。

 

翌日、朝パパが先生のところに連れていき、目覚ましの薬を入れてもらう。

夕方まで、入院し先生が管理。

 

 

それからは、毎日のご飯の時間の内服管理でどうにか無事。

 

薬も、出された分は終わったけど、あれ以来痙攣もない。

 

ほんと、生きていてくれてありがとう。

 

おしっこもうんこも自分で出せる。

歩くことができなくなったから、おしっこシートやおむつのお世話になってる。

 

一時は、注射器で液状にしたご飯を上げていたけど、今では缶詰ご飯をお湯でゆるめて、自分でお皿から食べれるようになった。

 

日々、なにかしらちょっとずつ以前のような姿が見えることがあって、嬉しくなる。

 

毎日、朝・昼・夕のご飯の介助が必要で少し負担は増えたけど、嬉しい負担だなぁと感じる。

 

朝も、30分早く起きないといけなくなって、毎日眠いけど、頑張れる。

 

ハクちゃん、現在2歳7ヵ月。

 

短命だと思うよ、と言われていたけど、今回のことがあってさらに短くなったんじゃないかと不安になる。

 

経験則を覆して、10年くらい生きてくれたら、めちゃくちゃうれしいなぁ。

 

 

たかが猫のことで、仕事休むの?

 

とかいう人が職場にいなかったことが、救いだった。

 

ほんとに、感謝しかない。